AGBクレンジングオイル、米ぬか油とアルガンオイルでしっとりさっぱり!

   

スポンサーリンク

 

こんにちは、MEIです。

前々回は「肌が変わる!クレンジング洗顔料について」、そして前回は「界面活性剤の働き」についてお伝えしてきましたが、今回はそれらを踏まえて、私が今1番おすすめのクレンジング洗顔料をご紹介します。

それが・・・

AGBクレンジングオイル(旧名称:ティヤ アルガンクレンジングオイル)です!

 

W洗顔不要の天然オイルのクレンジング剤!おすすめはAGBクレンジングオイル。

 

AGBクレンジングオイル(ティヤ アルガンクレンジングオイル)

こちら、米ぬか油ピュアアルガンオイルが主成分で洗い流すタイプのクレンジングです。

(ピュアアルガンオイルは10%配合)

 

特長をザッとあげてみましょう!

●オイルクレンジングなので、高い洗浄力をもちつつも乾燥はしません。むしろ、洗い流した後はしっとりもっちりした感触の肌になります。

●界面活性剤は乳化剤として配合されているだけで、全て低刺激な非イオン界面活性剤です。だから過剰に皮脂を取り去ることもなく、肌への刺激もほとんどありません。

●抗酸化成分であるビタミンEを豊富に含んでいる天然油脂のクレンジングオイルなので、安心して使うことが出来ます。

●W洗顔が不要で、価格もお手頃!

●シミ・しわ、毛穴の黒ずみを改善するなど、エイジングケアに良い成分がたくさん含まれています。

 

ということで、、、何拍子も揃ったクレンジング剤なのです! ↓↓

 

では、良いところを1つ1つ解説していきますね。

 

天然油脂クレンジングの特徴・メリット

天然油脂とは動物や植物から生成される天然の油のことです

油脂クレンジングの特徴ですが、まず、天然オイルが主成分なので洗浄力が高いです。メイクの油溶性の汚れをオイルで浮かし落としてくれます。でも肌に必要な皮脂や保湿成分を奪い取るようなことはありません

しっとりさっぱり洗い上がります!

 

また油脂は比較的、水に馴染みやすく肌にべたつきが残りにくいので、界面活性剤の強い洗浄力に頼る必要もありません。オイルがお湯や水で流れやすくなるように界面活性剤が配合されているわけで、肌には超低刺激なものが使われています

だから肌に優しいんです。

 

そして、油脂の成分は肌の皮脂成分と似ているものが多いので、保湿をしながら皮脂バランスを整え、皮膚や角質を柔らかくしてくれます。これが毛穴のつまりや開きを改善へと導くことに繋がります。

酸化、老化を防ぐ抗酸化成分やビタミン・ミネラルなどの美容成分が含まれているものが多く、アンチエイジングの効果もありますね。

 

AGBアルガンオイルの主成分

AGBアルガンオイルの主成分である”米ぬか油”と”アルガンオイル”はまさに天然の油脂です。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

米ぬか油

米ぬかから抽出される植物油脂で、”ライスオイル”・”米油”などとも言われ、注目を集めているオイルです。日本人の肌に合いやすく、肌トラブルが少ないと言われています

 

米ぬか油の主成分

  • オレイン酸
  • リノール酸
  • α-トコフェロール
  • y-オリザノール
  • フェルラ酸
  • トコトリエノール

など。

私たちの肌を乾燥や外敵(紫外線や細菌など)から守り潤いを与えてくれる”皮脂”ですが、その成分はオレイン酸が約40%強を占めます。

米ぬか油も約40%弱がオレイン酸です。皮脂成分にとても近いので、肌への順応性が高く保護膜となってくれます

また、トコフェロールはじめ、オリザノール・フェルラ酸・トコトリエノールは抗酸化作用を有する成分です。脂肪酸組成のバランスが良いので、米ぬか油は酸化にとても強いオイルです。

 

※トコフェロールとはビタミンEのことです。

ビタミンEは4種のトコフェロールと4種のトコトリエノールの合計8種類の化合物の総称です。

 

抗酸化成分を多く含む天然油脂をベースにしたクレンジング剤として米ぬか油はとても優れているのです。

 

アルガンオイル

北アフリカのモロッコにのみ生育する”アルガン”の樹の実から採油された希少なオイルです。100グラムの実から、わずか1グラムしか採れない貴重で高級なオイルです。

「モロッコの黄金」とも呼ばれるアルガンオイルは肌の保湿と活性化・美白に優れた効果を発揮すると言われています。

 

アルガンオイルの主成分

  • オレイン酸
  • リノール酸
  • α-トコフェロール
  • β-トコフェロール
  • y-トコフェロール
  • δ-トコフェロール

など。

アルガンオイルもまたオレイン酸が多く全成分の45%を占めています。そしてトコフェロール、α・β・γ・δの全4種類が含まれており、抗酸化力・活性酸素の除去が強いオイルなのです。

 

またアルガンオイルに含まれている総トコフェロールのうち、85%以上がγ-トコフェロールです。

γ-トコフェロールは利尿作用があり、むくみや美肌に効果があるとして近年注目されている美容成分です。

スポンサーリンク

 

W洗顔が不要

オイルクレンジングは油でギトギトになるし、油は酸化するからW洗顔が必須だ!って・・・これも半分、間違いではないですね。

しかし天然油脂が使われているクレンジングの場合は、皮膚への吸着が強い鉱物油とは違って、水馴染みが良く肌にオイルが残りにくいのです。だからW洗顔は要らないのです。

米ぬか油とアルガンオイルの主成分でもあるオレイン酸は私たちの皮脂の主成分でもありますので、刺激の強い界面活性剤で完全に洗い流さずとも問題はありません。また抗酸化成分を大量に含んでいる為、”酸化”というオイルの弱点にも強く、肌に残った成分は肌の保護膜として働いてくれるのです。

 

そしてW洗顔が不要ということは、肌への摩擦や刺激も少なくなり肌に優しい!時間も短縮できる!

そしてそして、、洗顔料の代金も不要!になり、とっても経済的でもありますね。

 

★肌に優しいクレンジング洗顔料についてはこちら。合わせてお読みくださいね。↓↓

 

 

 

非イオン界面活性剤

 

界面活性剤は当然こちらのAGBクレンジングオイルにも配合されています。

界面活性剤には汚れを落とす作用(洗浄)や泡立ちを良くする作用(気泡)、混じり合わないものを混ぜ合わせる作用(乳化)など、色々な働きがあります

その種類は何百種類とあり、刺激の強いものから弱いものまで様々です。

そして、それぞれの用途に合わせて配合されているのです。

 

AGBクレンジングオイルに含まれている界面活性剤は”トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル”と”イソステアリン酸PEG-3グリセリル”で、どちらも非イオン界面活性剤です。

非イオン界面活性剤は超低刺激で、過剰に皮脂を取り去ることもなく肌への負担はほとんどありません

 

また、どちらも分子量が大きく安全性の高い成分で乳化に優れています

分子が大きいということは角質層内へ浸透することがないということで、界面活性剤によるタンパク質変性作用の影響もないということです。

ただ、オイルを水やお湯と馴染ませてさっぱり洗い流せるように、乳化の為に配合されているのです。

参考:化粧品成分オンライン 界面活性剤一覧

 

★界面活性剤については前回の記事に詳しく書いていますので、参考にしてくださいね。↓↓

 

 

 

AGBクレンジングオイルを使った感想・使用感

3ヶ月程、使ってきました感想をお伝えしますね。

 

最初は正直・・・

オイルクレンジングでW洗顔が不要と言われてはいますが、、本当に大丈夫?としばらくは半信半疑でした。(笑)

何故って、使い始めて間もなく、ほとんどニキビが出来ない私なのに、ポツッとニキビが出来てしまったからです。

 

数日で治ったなと思ったら、またポツ・・・

「やっぱりコレ、Wダブル洗顔が要るんじゃないのー!?」

そう思いつつも、ずーっとAGBクレンジング1本で、Wダブル洗顔なしで使いづつけました。

 

どうしてそんなことを続けられたかというと、ちょっと自分の肌で試してみたかったからです。

何を?(笑)

それは、、、

肌がそれまで使っていた洗顔料やスキンケアに合わせて、しばらくの間は皮脂分泌を行う、ということを確認してみたかったのです。

 

それまで洗浄力の強いクレンジング剤を使っていた私の肌は、必要な皮脂までも取り除かれてしまっていたのでしょう。だから、少し多めに皮脂を分泌していたのだろうと思います。

でも、そこへいきなりのAGBクレンジングオイル!しかもW洗顔もなし。

天然油脂が少し残る肌に、これまでと同じように多めに皮脂を分泌し続けた結果、私の肌にはポツポツとニキビが出来てしまったのだと思います。

 

3週間くらい、ポツっと出ては治り、また出ては治りを3回くらい繰り返し、そしてとうとう、AGBアルガンオイルを使い始めて4週間目くらいにはニキビが出なくなったのです。

私の肌がようやくこのクレンジング剤に適応し、皮脂分泌のバランスが保たれるようになったのだと思います。

そこからは一切ニキビは出なくなりました!

 

私の気持ちとしては、「ラッキー♪肌に合って良かった~」という感じです!

 

洗い上がりがしっとりもっちりしているのは使い始めから感じていましたので、ニキビのトラブルさえなければ完璧だと思っていました。

それにコスパも良くて、今はAmazonで¥2,119円。(定価は¥3,024円)

お顔の上でクルクルクルクル優しくメイクと馴染ませて、そしてぬるま湯か水で洗い流すだけです。時短にもなり、お肌にも懐にも優しい

これが合わなかったら凄い残念~、と思っていたので、肌に合って本当にうれしかったです。

 

「よし!これでいこう」と決めた私でした。(笑)

 

AGBクレンジングオイルの口コミ・評価

皆さんの口コミも見てみましょう。

●こっくりとしたテクスチャーの美容液みたいな使い心地。柔らかいので肌に馴染みやすく、とてももちもちしっとりした洗い上がり。W洗顔不要はあまり信用していなかったのですが、ここ最近しばらく使っていても荒れや毛穴のつまりなどは出ていません。

●毛穴消えた!!化粧も落ちる!これは、まじでいい!最高でした!!

●今までで一番肌トラブルを起こさないクレンジングです。肌に優しくてメイクをきちんと落とせるので、これこそ探していたもの。

●メイク落ちはいいです。そして毛穴が小さく目立たなくなってきました。乾燥せずしっとりしています。急いで化粧水をつけなくてもしっとり。アルガンオイルのおかげか肌が柔らかく、ふわふわもちもちになりました。潤ってるから余計な皮脂が出なくなり、朝起きてもサラッとしているし、日中の崩れが激減!これが一番うれしいです。

引用:@COSME

私も感じたように、敏感肌の方にも乾燥肌の方にも、全体的にとても評価が高いです。

しかし中には「ピリピリする」「赤くなって痒くなった」という口コミも、ごくごく少数ですがありました。もしも使用されてそのような症状が続いた場合には、成分が肌にあっていない可能性がありますので、使用を中止した方がいいですね。

 

あなたも肌に合うと、私の「ラッキー♪」の気持ちがわかって頂けると思います。。

 

まとめ

AGBクレンジングオイル、いかがでしたでしょうか。

 

 

こちらの主成分である米ぬか油とアルガンオイルは肌を柔らかくする作用があり、硬く固まった角質を軟化させる効果があります。保湿作用もあり、しわの予防にも良く、またその他にもシミの予防毛穴の黒ずみや角栓を改善するなど、様々なエイジングケアに良い成分が含まれています

 

これまでに「オイルクレンジングで失敗したー!」とか、「オイルクレンジングは合わない」などのイメージをもってしまわれているあなたにもおススメしたい、アルガンビューティーのクレンジングオイル。

そんな悪いイメージは一新されると思いますよ。

 

とってもおすすめなので、是非お試しいただけるといいなと思います。

 

最後まで読んで頂いて有難うございました。

 

 

もしもこの記事を「いいな」と感じていただけましたら、下のボタンをクリックしていただくととても嬉しいです。
応援クリック、よろしくお願いします!

  にほんブログ村 美容ブログへ

 

スポンサーリンク

 - アンチエイジング

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。