目からも日焼けする!?紫外線から目を守る方法

      2018/07/11

スポンサーリンク

こんにちは、MEIです。

これまで紫外線は美容の大敵!とばかりに、悪いことばかり書いてきましたが、もちろん良い影響もあるんですよ。

例えば、紫外線を浴びることで新陳代謝を促進したり、ビタミンDを作ったり、免疫力を高めたり・・・などなど沢山のメリットがあります。

だから当然私たちにとって必要不可欠なものなんですね。

でも、シミを作りたくない!と考えた時には、やはり嫌なものです。

私たちは1年を通して降り注がれる紫外線と上手く付き合わないといけないですね。

 

目から入る紫外線でお肌も焼ける!?

有効な対策は・・・

 

<目が痛い。その先にシミが!>

忘れてはいけないのが目です!実は目から入る紫外線でもお肌は日焼けするんですよ。

「なにそれ~!?」ってビックリしますよね。

しかもそれだけではなく、目の充血やドライアイ、涙が止まらないなどの症状も引き起こします。

これは大変!どのような悪影響があるのかみていきましょう。

 

目からの紫外線が肌老化につながる

お肌に直接浴びる紫外線からだけではなく、目から入ってくる紫外線も日焼けの一因となります。

紫外線により角膜がダメージを受けると、脳が「日差しが強い」と判断し、防衛反応としてメラノサイトがメラニン色素を生成してしまうからです。

お肌にせっかく日焼け止めを塗っていても目が無防備のままだと効果半減、お肌の老化が進みシミにつながってしまいます。

また強い紫外線を浴びると目の角膜や結膜にも大きなダメージを与え、目の病気のリスクを高める原因にもなります。

スポンサーリンク

 

サングラス・日傘・帽子で紫外線カット

目を紫外線から守る手段として帽子や日傘で日光を遮るという方法がありますが、なんといっても1番のアイテムはサングラスを着用することです。

紫外線はアスファルトの照り返しやビルからの反射など上からも下からも横からも、あらゆる角度から侵入してきます。

帽子と日傘でも防ぐことはできますが、目からの紫外線をほぼ完ぺきに防止するには適切なサングラスをかけることをおすすめします。

ではどんなサングラスを選べばよいのか、帽子や日傘の選び方とともにお伝えします。

 

サングラスの選び方

●UVカット効果のあるもの

UVカット率はサングラスのタグやシールに記載されていますのでしっかり確認してくださいね。

記載内容は次の通りです。少しややこしいのでお間違えの無いように!

 

紫外線透過率

そのサングラスが紫外線をどれだけ透過させるかを示す数値で低ければ低いほど紫外線を通しません。

「紫外線透過率1.0%以下」であれば紫外線を99%以上カットすることで出来る、ということです。

 

紫外線カット率

そのサングラスがどれだけ紫外線をカットできるかを示す数値なので高ければ高いほど紫外線を通しません。

「紫外線カット率99%」であれば紫外線を99%カットすることが出来る、ということです。

 

UV400

この表示はどこまでの波長の紫外線をカットできるかを示す数値で高ければ高いほど紫外線カット率が高くなります。

一般的にはUV400で紫外線カット率99%、UV380で紫外線カット率90%とされています。

A波(UV-A) 400~315nm
B波(UV-B) 315~280nm
C波(UV-C) 280未満

 

地表に到達する紫外線の95%以上がA波(UV-A)ですA波を防いでカットしてくれるサングラスを選びたいものです。

私なら迷わずUV380以上はほしいな~と。そのあたりのものをおすすめします。

安価なものの中には、ただ”UVカット”とだけ記載されているものもありますので、しっかりと%表記も確認して下さいね。

 

●レンズの色は・・

濃いほうがいかにもカットしてくれそうですよね・・・

はい、違いまーす!レンズの色は濃い・薄い関係ありません

まぶしさ対策には濃い色がいいですが、薄い色のサングラスの方が目に優しいといえます。

なぜなら色の濃いレンズでは光を集めようといつも以上に瞳孔が開いてしまい目が疲れやすくなります。

そして紫外線も入りやすくなります。

黒目の中心にある瞳孔は光の量を調節していますが、暗いところでは多くの光を取り込もうと大きくなるのです。

だから濃い色のサングラスをかけた時も同じように瞳孔が大きく開き、そのため紫外線が目に多く入りこんでしまうのです。

ということは・・・紫外線カット機能がない、濃い色のサングラス、というのはとてもよくないですね。

私、何も知らずにこのタイプを着用していたことがありました。残念~(涙)

UVカット効果が高いもの、そしてあなたのお顔にフィットするサングラスを是非選んで下さい。

 

私のおすすめは芦屋ロサブランのサングラスです。

ネット通販はフィット感を確認できないのでそこがちょっと残念ではありますが、こちらのお店は完全遮光100%の商品を提供していて、デザインも豊富でお洒落なんですよ~

機能的にもデザイン的にもおすすめなので、チェックしてみてくださいね。

 

 

 

紫外線をカットする帽子と日傘

帽子と日傘も紫外線防止の大切なアイテムです。

帽子・日傘ともに生地自体にUVカット加工が施された、遮光率・紫外線カット率100%のものを選ぶと安心です。

外側(表)の色を気にされる方が多いですが、重要なのは内側(裏)の色です。

紫外線はアスファルトやビルに反射して上からだけでなく下からも横からも注がれますから、帽子も傘も内側の色は黒など濃い色のほうがいいのです。

濃い色の方が日光を吸収し反射を防いで紫外線からあなたを守ってくれますよ!

帽子はつばの広いものの方が紫外線カット効果が高いです。(つばは普段着用できる大きさを選んでね!)

日傘の中にはレースが可愛いものもありますが、レースの穴から紫外線が降り注ぎますから注意が必要です。

そして、ワンポイント♪

紫外線カット100%かどうかを調べる手っ取り早い方法があります。↓↓↓

太陽の下で傘の裏側に手を押しつけて表側から手の形が見えるかどうか確認してみて下さい。100%のものは全く裏側が見えません!しかし99%のものは手の影が見えます。1%の太陽光が内側に入ってきている証拠ですね!

帽子は生地が厚いとそれだけで手の影は映りませんので、タグの表記を確認して下さいね。

ちなみに私、日傘については調べに調べつくして大満足のものをゲットしております!

「サンバリア100」というお店の傘ですよ~。

それに・・・実は私の妹も母も、みんなサンバリア100の商品のファンなんです。

私の母はこちらのお店の一番つばの広い帽子を購入し畑仕事をしています。人混みを歩くにはちょっと気を遣うくらいの大きさですが、海水浴やスポーツ観戦にはもってこいです。安心して外に出られますよ。

是非あなたにも使ってもらいたいです。

 

ちなみに、おすすめのサングラスで紹介しました”芦屋ロサブラン”では”サンバリア100”と機能的にも変わらない日傘や帽子も販売されています。

私は迷いに迷ってサンバリア100の傘にしましたが、デザイン的には芦屋ロサブランの方が多いし可愛いな~と思いましたよ。

当時は生産している場所が日本か中国か、という違いがあり、そこでサンバリア100の方(日本製!)を選びましたが、今ではサンバリア100も中国工場があるようです。

どちらのお店も紫外線対策に必需品の素敵なものがたくさんありますので、のぞいてみるといいと思います。

 

<まとめ>

シミの大きな原因となる紫外線、今回は目から入ってくる紫外線への対策をお伝えしました。

サングラスの話、深いですよね。。

レンズの色の濃さはUVケアには全く関係ないという・・・恐ろしい話です。

ゴミ出しなどちょっとそこまで行く時。サングラスの着用はためらわれたとしても、完全遮光のつばひろ帽子はサッとかぶっていきましょうね。いつどこで立ち話が始まるかわかりませんから。

 

最後まで読んで頂いて有難うございました!

 

 

もしもこの記事を「いいな」と感じていただけましたら、下のボタンをクリックしていただくととても嬉しいです。
応援クリック、よろしくお願いします!

  にほんブログ村 美容ブログへ

 

スポンサーリンク

 - シミを作らないために

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。